長崎銀行のここがすばらしい

長崎銀行と地域のつながり

アベノミクス以降、昨今の銀行には、地域に根付いた経営が求められています。個人顧客向けの業務だけではなく、取引先企業支援や、取引先企業への経営的なアドバイス、マーケティングのサポートなど、銀行の行う業務は数多く存在しています。

長崎銀行においても、地域の会社や企業を対象として、営業支援システムを設けて、経営の安定を図るためのサポートを惜しんでいません。特に長崎銀行では、総合企画部において、企業の経営やリスク管理はもちろん、各種経済情報を積極的に発信することで、地域で頑張っている企業を積極的に支援しているのです。

また、長崎銀行では地域の活性化にも積極的に携わっています。地域金融機関として、各種スポーツイベントや文化事業への協賛はもちろん、支店単位での地域貢献活動も積極的に行っています。特にスポーツ関連では、JリーグのV・ファーレン長崎の中核スポンサーとして、経営陣に銀行員を送り込み、チームの経営安定化を図るため、人的にも財源的にも積極的な関与をしています。

これらの取り組みが、直ちに長崎銀行にとって利益になるとは限りません。しかし、地域の人々や企業が元気になれば、結果的に長崎銀行にとってもメリットは大いにあります。地域が育つために、銀行が果たすべき役割というものを、長崎銀行はしっかり理解して活動をしていると言ってもよいでしょう。長崎銀行にはこれからも積極的に地域とのつながりを持ってもらいたいものですね。