デビットカードを使うと何が便利?

デビットカードとポイント還元

デビットカードの特徴は、銀行口座などに残高がある時に現金の代わりとして使う方法です。口座に残高がない場合には利用ができないために、現金を持っていない時やATMが開いてなくて使えなかった場合には重宝します。

デビットカードとクレジットカードの根本的な違いとは、デビットカードは銀行口座にある残高の金額が利用限度額であり、クレジットカードはカード会社で定められている利用限度額が利用限度額にあたることです。デビットカードの場合はその場で銀行口座から引き落とされるために利息が付加されませんが、クレジットカードの場合は後日支払うため、支払うまでの期間分の利息が付きます。

デビットカードとクレジットカードは現金の持ち合わせがない時に一時的に現金を借りて利用する、その行為に違いはありません。ですが、利息の扱いなどが違うためにシステムを理解しておくことが大事です。デビットカードは銀行口座の残高がなくなると利用できなくなり、使い過ぎは防げますが、クレジットカードの場合は利用している金額を事前に把握しておかないと、使い過ぎを防げません。

様々なメリットがあるのがデビットカードですが、敢えてデメリットを考えるとすれば、ポイント還元の面で弱いということでしょうか。使えばマイルがたまる、楽天ポイントがたまるという使用時のポイント還元に直結するサービスが少ないのは、デビットカードのデメリットです。ですから、ポイントを重視している人は、クレジットカードを使って決済した方がメリットを感じられると言えるのです。これらの面を考えても、デビットカードとクレジットカードは根本的に違いますから、その違いを把握して有効に活用することが大事です。