デビットカードを使うと何が便利?

デビットカードとクレジットカードの違い

以前、クレジットカードを持てるほど、コンスタントに収入が入る仕事に就いていなかったこともあり、デビットカードを使っていました。その後、パートの仕事が見つかったので、初めて楽天カードというクレジットカードを作りました。

実際に二種類のカードを使ってみて気づいたのは、クレジットカードに加入すると、キャンペーンなどが実施され、プレゼントがもらえたりポイント還元が多くなるなど、利用すればするだけ特典がついて来ることです。逆にデビットカードは、加入しても利用しても、特典はほとんどありません。銀行のキャッシュカードに最初から付いてくる機能でもあるので、特典を付ける必要はないと発行者が考えているのかもしれません。

また、それぞれのカードでは決済方法も異なります。デビットカードは、各種支払いと決済をその場で行いますので、即口座から引き落としになります。クレジットカードのように後日請求、いわゆるツケ払いではないのです。ツケ払いを行わせるためには、カード発行時に事前の審査が必要となってくるわけです。逆にツケ払いを行わないデビットカードは、発行時に審査を必要としないので、クレジットカードを持てない未成年や決まった収入がない主婦なども利用ができます。

ちなみにクレジットカードの場合、支払い方法は一括払い、分割払い、リボルビング払いの中から選ぶことができます。購入時にクレジットカードで一括払いをしても、その日に代金が店舗側に支払われることにはなりません。後になってカード会社から立て替えて店舗に支払われ、利用した料金プラス手数料が利用者に請求される仕組みです。このあたりもデビットカードとは大きな違いがあります。