デビットカードを使うと何が便利?

デビットカードが使える時間帯

デビットカードは銀行のキャッシュカードを用いて現金の代わりとして使うことができ、電子マネーとは違った活用方法ができます。デビットカードは現金がなくても銀行口座の残高の範囲内の金額で利用することができ、使い過ぎなどがなく安全に利用できることがメリットです。

デビットカードは、銀行と違って決まった時間帯に利用できるような制限がありません。仮に深夜、コンビニでデビットカードを使用した場合、その際の引き去りは銀行の翌営業日になります。利用できない時間帯が存在しないのも、デビットカードのメリットだと思います。

また、デビットカードには他にも様々なメリットがあります。例えば電子マネーでは事前に金額を入金しておく必要がありますが、デビットカードは銀行口座の残高があれば利用ができるために銀行でお金をおろす必要がなく便利です。同じカードと言えども、銀行のATMからお金をおろすには、利用できる時間が合わないことや、手数料が必要になる時間帯もあります。その点でもデビットカードは有効に活用できます。

それにデビットカードは利用する時に手数料や利息などもかかりませんので、気軽に利用することができます。また、現金を必要以上に持ち歩かないこともできるので、財布を忘れた場合にも持ち合わせの現金がなくて困ることもありません。デビットカードを中心とした決済方法に切り替えることで、さまざまな日常の支払いが便利になります。

またデビットカードは、コンビニでも24時間使えますし、その他多くの店舗で使うことができます。店側でも決済に時間がかからないので、利用する側も気軽に利用できることがメリットです。