デビットカードを使うと何が便利?

デビットカードを使える場所

デビットカードは現金の代わりとして使うことができ、銀行口座の残高の範囲で自由に利用できます。最近ではコンビニなどでも気軽に利用できるために、現金を準備しなくても慌てずに済むことが特徴です。その特徴がメリットとして定着しており、利用者が年々増加しています。

また、デビットカードは口座にある残高の金額がなければ利用ができないために、金銭計画を立てる必要があり使い過ぎなどを防止できるメリットがあります。逆を言えば、口座の残高の金額が足りない場合には利用ができないことがデメリットです。現金を準備しないでいいために便利ですが、クレジットカードとは違うために特徴を理解しておくことが大事です。

デビットカードを使える場所は、インターネットで加盟店の情報を知っておくと便利です。加盟店以外での利用ができないため、利用する前に使う店で利用が可能であるかを調べておくことが大事です。現在、デビットカードは現金での取引をしないで済むために決済が便利なことから、コンビニなど多くの店舗で導入されています。クレジットカードとは違い本人確認をしないでいいこともあり、気軽に活用できることがメリットです。

デビットカードを利用するにはクレジットカードとは違い、事前に審査を受ける必要がなく、発行する時にかかる手間も、今持っている銀行のキャッシュカードで兼用できるので、全くかかりません。デビットカードには明細書もあり、残高がどのくらいあるかを知ることができます。まずは、使える場所を確認してから現金の代わりとして使うことを忘れずに起きましょう。