キラリと光る愛媛銀行

愛媛銀行の定期預金

現在の社会は「アベノミクス」の効果が出始めたとはいえ、まだまだ庶民の賃金が上がっている状況ではありませんし、むしろ業種によっては賃金の下がる状況がまだまだ続いています。そんな時代だからこそ、自分の資産を増やそうとするならば、少しでも有利な定期預金を販売している銀行を選ぶべきではないでしょうか。

四国にある第二地方銀行「愛媛銀行」では、ユニークなインターネット専業支店「四国八十八カ所支店」などの設置により、定期預金の顧客獲得に特に力を注いでいますが、実際にはどのような金利になっていて、どのようなメリットを顧客に与えてくれるのでしょうか。

100万円までの金額を3年間預けた場合、平成25年9月現在で最も金利がいいのは住信SBIネット銀行で、その金利は0.35%です。業界屈指のネット銀行の金利がこの数字になっていますが、なんと愛媛銀行も負けてはいません。先ほど紹介した四国八十八カ所支店で同様の定期預金を契約した場合、その金利は住信SBIネット銀行と全く同じ0.35%になっています。地方銀行が業界屈指の金利設定をしているというのは、正直言って驚きのほかありません。インターネット専業ではない、愛媛銀行の通常店舗で同様の定期預金を契約した場合は、なんと0.03%。やはりインターネット専業支店のチカラ、恐るべしと言った感じです。

ちなみに、四国八十八カ所支店は全国どこからでも契約ができるので、この金利に魅力を感じているみなさんには是非契約をされることをお勧めします。